2010年02月08日

首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日の衆院本会議で、斎藤次郎元大蔵事務次官を社長にするなど複数の官僚OBが選任された日本郵政の人事について「株主提案による選任という法的手続きにのっとったものなので、天下りではない」と強調した。石原伸晃氏(自民)への答弁。

 しかし、日本郵政の株主は、株式を100%保有している政府だけで人選は鳩山内閣が決めたのと同じ。野党は首相の発言を「詭弁(きべん)だ」と批判している。

【関連記事】
自民の石原氏、「7つの大罪」で首相を追及
谷垣自民党総裁「小沢独裁と徹底的に対峙」 衆院代表質問スタート
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相
「発想おかしい」各地で反対決議 外国人参政権
舞台裏は…決裂回避で「苦渋の譲歩」

深夜の路上強盗 3万円奪い逃走 大阪・阿倍野(産経新聞)
<毎日写真コンテスト>東京で表彰式(毎日新聞)
<諫早湾干拓事業>国、県に開門要請へ 反対派漁協方針転換(毎日新聞)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
成年後見制度付き高齢者住宅を整備 品川区(産経新聞)
posted by モリタ フサオ at 09:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。